スポンサードリンク

軽自動車の車検代はズバリいくら?

ずばり簡潔に書くと、
5万円〜10万円
の場合がほとんどですね。
本サイトでは、内訳や値幅について詳しく解説します。

スポンサードリンク

軽自動車の車検代 料金表

軽自動車の車検代は、普通車と並べてみると違いがよく分かります。
(下記の表は、あくまでも目安です。)

分類 項目 軽自動車 普通車 備考
法定費用 自賠責(2年分) \26,370 \27,840  
重量税(2年分) \6,600 \26,400 軽自動車と普通車の料金の違いはココに出てきます。
印紙代 \1,400 \1,800  
法定費用合計 \34,370 \56,040 法定費用は、車検時に必ずかかります。
(どこで受けても同一の費用です。)
車検費用 車検基本料 \10,000 \10,000 定期点検で義務付けられている項目の点検を行う技術料金です。
車検代行料 \10,000 \10,000 検査場まで車を運ぶ代金などです。
テスター使用
調整料金
\8,000 \8,000 一発で合格するために、あらかじめ検査項目のさまざまな箇所を調節することです。
・サイドスリップテスト
・サイドスリップ調整
・ヘッドライト調整
整備費 \0 〜
\20000
\0 〜
\20000
故障や不具合が見つかった場合は、別途整備費がかかります。
どこも悪いところがなければ0円ですね。
車検基本費用合計 約\30000
〜\50000
約\30000
〜\50000
車の状態により整備費が結構かわりますし、
ディーラーに頼むのか?整備工場に頼むのかでけっこう変わってきますね。
オプション
(油脂・水まわり)
エンジンオイル交換 \2,000 \2,000  
オイルエレメント交換 \1,500 \1,500  
ブレーキオイル交換 \2,500 \2,500  
冷却水交換 \0 \0  
オプション合計 約\6000 約\6000 ユーザーの意向で選ぶことができますが、
日ごろのメンテナンスをしていない場合はやってもらったほうがいいです。
(というより、何も言わないと勝手に見積にプラスされています。)
総計 約\68000
〜\86000
約\88000
〜\106000

軽自動車の車検代は何によって変わる?

重量税や自賠責・いくつかの消耗品やオイルの交換は、ほぼ固定です。
ここでは特に決め手となる、走行距離・どこに頼むか?についてお伝えしますね。

走行距離

走行距離と書きましたが、もっとはっきり言うと、
「どれだけガタがきている軽自動車か?」
「どれだけの修理・交換が必要な軽自動車か?」
ということです。
走行距離が長いと一般的には消耗も進んでいると言えますが、
同じ走行距離でも、運転の仕方でかなり変わってきます。


どこに出すか?

料金だけでなく、品質も含めた話になりますが、
ディーラーに出すか、整備工場に持ち込むかにより、事情がかなり変わってきます。


整備工場に持ち込む方が一般的には安いのですが、サービスの質は業者によってまちまち。
でもまあ、職人気質で、安い値段でしっかり診てくれることが多いのは確かです。
ただし、車にどこかしら故障なりがあった場合、
小さい町工場の場合、直すための設備が整っていないことも時々あるようです。

ディーラーに依頼すると割高ではありますが、安心で任せられます。
というのは、ディーラーはメーカー専属で販売・修理を従事していますので、
自社メーカーの軽自動車のことは当然熟知しているからです。


→ 初心者の方には、ディーラーでの車検がオススメ!

スポンサードリンク